LIBERA WINE TERACE 札幌植物園前醸造 自然栽培農学校

PHILOSOPHY

醸造フィロソフィー

OUR FEATURE

LIBERA WINE TERACEで
醸造するワインのこだわり

FEATURE

01

葡萄は無農薬・無肥料
で育てる

私たちが採用する「木村秋則式自然栽培農法」は有機農業の一種で、無農薬栽培を原則とする農法です。そして環境を守り、食物を育てる土壌の再興を目指すために、肥料を使わないで食物を育てます。また、一般的なナチュラルワインでは認められている農薬の一種、ボルドー液も使用しません。また、完全な無農薬無肥料で栽培した葡萄や林檎は、世界的に希少です。ワインのクオリティを決める原料である葡萄や林檎。その本来の味わいを極限にまで引き上げた原料を使い、それを醸造していきます。そういった意味合いで、私たちはナチュラルワインとは定義せず、新たなジャンルの栽培と醸造を目指しています。

FEATURE

02

テクノロジー搭載の
栽培・醸造管理

ワイン醸造に関わる障がい者やスタッフが、安心した環境で、健康的に働ける場所になるために、テクノロジー搭載の醸造システムを採用していきます。現在、専門研究者との共同開発で、数年を経て、人工知能を搭載した醸造システムの管理体制を整えていきます。

障がい者が働くための醸造所としての安全性を高めることはもとより、障がい者が不得意とする作業をテクノロジーで補い労働環境を整えていくこと、さらに誰もが働ける中長期的に見た時、働く人たちの労働環境をより良くすることが、ストレスフリーな作業環境を作っていきます。また、スタッフらが健康的に働けるような労働環境の整備、労働時間にも配慮して、ワイン造りに携わる人たちにも快適に働ける場所を提供していきます。

FEATURE

03

障がい者の雇用につながる
消費を促す

リベラは、就労支援事業を通じて、障がい者が働く場を提供して行きます。一人当たりにお支払いする工賃を上げることだけでなく、働ける場所を増やすことで、誰でも働ける機会を提供することで、社会とのつながりを維持していく事業を継続していきます。そのために、働く人たちの最低限の所得が保証できるように、適正な販売価格はもとより、ワインを飲む人たちには販売価格に見合った、高いクオリティの製品を作り出す努力をしていきます。ワインを消費する人と働く人が持続可能な生産体制ができるように配慮していきます。

DESIGN OF KAN YASUDA

安田侃デザインの
エチケットデザイン

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
上部へスクロール